So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

松山ケンイチと小雪ついに結婚

小雪が「協会理論」が2009年春に何回もスポーツ紙によって4月1日に関して報告されていたIchi松山ケンとの婚姻届を提出したと報告されました。 私は、それが既に同棲されたと聞きます、そして、仕事関係者へのレポートは終わりました。 映画'情報の写真をkamuiの外に連れて行くために急速に近づかれた2人のミーティングが'08年間の写真を撮るところ現金化 仕組みのヒットの夏の周りで中でロケ地と沖縄で調節('09 9月公開された)にされる'と言われています。
そして、「映画で共演して、友人として親密さに行った後」のときに、小雪側が論評される、: もう片方の松山のそばでも、今回、協会露出のときに面があってください。 「関係は俳優としてお互いを尊敬しました。 それはもっと多くのものではありません。 」友情クレジットカード現金化 店舗は強調されました、そして、初めに、また、話題が共演映画になっている噂がありました。 その後、3つの家のロング・ステイのパターンが女性週刊誌で大手企業SNSの情報と「家族公認」を見つけながら取られたshiteiruであり、それが小雪と小雪の両親が「花婿の入ること」クレジットカード現金化 違法のように好調に住んでいたアパートに半分同棲したと報告されました。 しかしながら、アパートの3つのロング・ステイに関して報告されると、「半分同棲」のためにお互いでスピーチ、およびノーコメントを形成しました、「個人的に答えることができません」と言って。

したがって、双方は正式に認められませんが、それは協会露出によって否定的でない3年です。 '私の支援ページ'atsushihiroshiによるtsumaottokisatoshiで、山下監督は映画に主演しながら、Wで連続した公衆にそれを公開している'GANTZ PERFECT ANSWER'と今週の終わりの嵐とKazuya二宮の5月の共演仕事。 BARでは、小雪が俳優として2の写真を最もたくさんみなして、それがのって、'探偵を公衆に公開している松山は'来年のNHK Taiga Drama'Hirakiyomoに主演などなどの海草への9月、など映画の現在'です。 いつか両方の俳優として堅い位置に建てられて、なる要人カップルのクレジットカード現金化 詐欺目標にたどり着くときの「それを跳ばせてください。」「長さ、通過、」、それが危惧を持っている声もありましたが、今年の2月に東京で週刊誌に得られて、結婚カウントダウン段階に存在しているのに至る両院における、親類の晩餐会の視点は強くなりました。
登録されて、Sanpei林屋の式典を開催する名前とSachiko国分が地震の影響からの白書にして、さまざまな一般向けの娯楽システムニュースが、また、一般向けの娯楽ブラックok 融資に関連するスキャンダルは一気に自粛の傾向がありますがこの大きいカップルの目標にたどり着く機会を取りながら、撤廃されるでしょう。

新型インフル総括会議が提言 「おおむね目標達成」だが、反省点も指摘(産経新聞)

 新型インフルエンザ対策について検証していた国の総括会議は8日、「毒性などに応じた対策をあらかじめ複数用意すべき」などとする報告書をまとめた。報告書は厚生労働大臣に報告し、秋以降の再流行や今後の感染症対策に生かす。

 昨年の新型インフルでは、強毒性のウイルスを想定した行動計画しかなかったため、国はこの計画を弾力的に運用。自治体や医療機関が混乱する原因になっていた。

 報告書では諸外国に比べて致死率が低かったことなどから、「死亡率を少なくするという当初の目標はおおむね達成できた」と総括。その上で、(1)広報(2)水際対策(検疫の強化など)(3)休校措置(4)サーベイランス(病原体の監視)(5)医療体制(6)ワクチン−の各テーマごとに反省点や課題を指摘した。

 過剰だったとして批判の多かった水際対策については、「科学的根拠は明らかでない」と評価は行わず、「機動的に縮小が可能となる基準を策定すべき」とした。一方、感染拡大防止のために行った学校の休校措置については「効果はあったと考えられる」と評価した。

 そのほか、専任のスポークスマンの設置▽ワクチンの集団接種の検討▽都道府県ごとの医療体制の確立−なども提言された。

 同会議は今年3月に発足。計7回に渡り専門家やジャーナリストなど委員11人とテーマごとに選ばれた関係者計約40人が議論を行ってきた。

【関連:新型インフル】
「ワクチン行政」医師悲鳴 だぶつく8400万回分
新型インフル“パンデミック狂奏曲”は日本だけ?
消えぬ心のつめ跡 新型インフル国内初感染から1年
新型インフルから1年 “本物の危機”への対応は?
インフル死 推計200人 低水準「新型は弱毒」裏付け

財務副大臣に池田氏起用へ(産経新聞)
菅首相会見速報(7)菅内閣は「奇兵隊内閣」(産経新聞)
<ハンセン病>教訓を政策に…3省の合同検討チーム発足へ(毎日新聞)
「カントリーマアム」新作はキャラメルと八丁味噌の意外な組み合わせ!
玄葉光一郎政調会長会見詳報(4)(産経新聞)

「生涯現役の秘訣」指南、6月から介護予防講座―東北福祉大(医療介護CBニュース)

 東北福祉大は6月12日、介護予防や健康増進について学ぶ「生涯現役エキスパート講座」を開講する。定年退職後の高齢者などを対象とし、認知症予防を中心に新たな健康増進モデルを提案。地域で活躍する生涯現役の秘訣を指南する。

 新たな健康増進モデルを、定期的な健康状態の確認とその結果への適切なアドバイス、効果的な運動のサイクルと位置付け、心身を活性化する土台をつくることを目的とする。

 健康状態の確認は、「脳機能測定」と「体機能・運動機能測定」を実施。これを受け、目的別の運動などから成る「メディカルフィットネス」や絵画などの「臨床美術」を行う。

 講座は、土曜コースを6―8月と9―12月、木曜コースを来年1―3月に開く。場所は同大ステーションキャンパス館。定員は40人。受講料は2万8000円。


【関連記事】
介護予防チェックリスト、実施率は約3割―厚労省調査
介護予防モデル事例をヒアリング−東京都の推進会議
介護予防マニュアルを改訂−厚労省
要介護認定非該当者を特定高齢者の候補者に―厚労省
介護予防事業「聞いたことがない」6割近く

首相動静(5月27日)(時事通信)
変わる葬儀 費用透明化掲げ流通大手参入(産経新聞)
タクシーが炎上、中から遺体見つかる/藤沢(カナロコ)
辻元国交副大臣が辞意伝達 国交相31日受理へ(産経新聞)
沈没トルコ艦 救助から120年 和歌山・串本で追悼式(毎日新聞)

口蹄疫殺処分 畜産農家の悲痛な叫び 「この1カ月生き地獄」(産経新聞)

 □「私たちが防波堤に…」

 感染が拡大する宮崎県の口蹄(こうてい)疫。政府は19日、発生地から半径10キロ圏内のすべての牛や豚にワクチンを接種し、殺処分することを決めた。畜産農家は「何も考えられない」と落胆する一方、「私たちが防波堤にならねば」と悲痛な叫びを上げる。最初に感染が確認されて20日で1カ月。「激甚災害」の様相を呈する現場で関係者は「もっと早く対策があれば」と唇をかんだ。

 ■漂う無力感

 被害が発生した高鍋、新富両町に隣接する西都(さいと)市内で牛57頭を飼育している橋口敏暢さん(66)は「涙が出てくる。今は何も考えられない」と肩を落とした。市職員から、畜舎が対策実施の圏内に入るとの通告を受けたのは19日午後。「口蹄疫が沈静化しても新たに牛を育てる気になれない」と無力感に襲われている。

 「日本の畜産を守るための防波堤になるしかないか」。被害が多発する川(かわ)南(みなみ)町で豚約7千頭を飼うJA尾鈴の遠藤威宣養豚部会長(56)は、こうつぶやいた。ただ1カ月間、消毒作業を毎日続けて被害を免れてきただけに、全頭処分を完全に納得しているわけではない。「10キロという範囲に根拠はあるのか。国はどこまでウイルスが来ているのかを確認してほしい」と声を荒らげた。

 ■「夢だったら」

 「この1カ月は本当に長かった。生き地獄のようだった」。都農(つの)町で子牛など約80頭を飼育する河野辰徳さん(58)は、時折声を詰まらせながら振り返った。

 消毒作業に追われる毎日。肉体的な負担以上に「もし家畜が感染したら」とおびえる精神的なストレスがきつかった。「これが夢だったら…」と思わずにはいられない。

 全頭処分の決定に、「牛は家族の一員。覚悟はしていたが…」。近所では泣いている人もいたという。  感染拡大で、22万頭の子牛を生み出し、銅像まで建った伝説の種牛「安平(やすひら)」も殺処分の対象になった。

 安平を約1年間飼育していた宮崎市佐土原町の畜産農家、永野正純さん(61)は「あんな牛に巡り合えたのは幸せだった」と声を詰まらせる。殺処分について「自分の子供と同じだから…。それ以上、言わなくても分かるでしょう」と言葉少なだった。

 ■ゴーストタウン

 被害が出ている地域では、白い防護服姿の担当者が消毒する姿が見られ、災害派遣の自衛隊車両が行き交うなど「激甚災害」の様相を呈している。

 川南町では幹線道路にも検問所が設けられ、通行する車は消毒液の散布を受けなければならない。「不要不急の外出は避けるように」との非常事態宣言が出ていることもあり、人影はまばら。ゴーストタウンのような静けさだ。

 殺処分の担当者もやり切れない。作業を終えて川南町役場に戻った県職員は「きょうは300頭ぐらい処分した」と語った。職員によると、殺処分は牛や豚の首にロープをかけて押さえ込み、獣医が首筋に静脈注射を打つ。約800キロの牛も1分間もすれば倒れ込む。「いくら仕事でもつらい」とつぶやいた。

 新富町の土屋良文町長は「国がもっと早く現場を見て行動してくれていたら」と話した。

誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望―消費者庁(時事通信)
九州訴訟でも救済案示さず=B型肝炎訴訟で国側―福岡地裁(時事通信)
【暗流 公益法人仕分け】免許講習利権にメス 勤役員全員天下り(産経新聞)
消費増税明記に否定的=小沢氏「第一は無駄削減」―参院選公約(時事通信)
普天間で首相と意見交換=鈴木宗氏(時事通信)

国際定期便、10月末就航=羽田の新滑走路完成で―前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は14日の閣議後会見で、羽田空港の新滑走路を10月21日から供用開始し、同31日から国際線定期便が就航すると発表した。
 国交相は「供用開始を契機に24時間国際拠点空港化を名実ともにしっかりとやっていきたい。羽田を国際化しても(国際線は)成田が中心」などと述べ、羽田、成田両空港が一体となって発展を目指す考えを強調した。 

2010年の子ジカ第1号が誕生=奈良〔地域〕(時事通信)
女子生徒が中学校で転落=意識不明−東京・狛江(時事通信)
自動車火災 軍手、鳥の巣 意外な火元(産経新聞)
参院選でHP・ブログ○、メール・ツイッター×(読売新聞)
官房長官が鹿児島・徳之島関係者と会談(産経新聞)

ビニールシート遺体、県内の26歳女性と判明 静岡・御殿場(産経新聞)

 静岡県御殿場市の空き家の物置から女性の遺体が発見された事件で、遺体は同県伊豆の国市中、職業不詳、久松紘子さん(26)と県警御殿場署の調べで分かった。県警は同署に捜査本部を設置し、死体遺棄事件として捜査を始めた。

 指紋から身元を特定した。殺人事件も視野に調べる

 調べでは、久松さんは小学生幼児子供2人と3人暮らし。久松さんは2月23日午後以降に突然、行方が分からなくなったため、別居中の母親(65)が3月26日に大仁署に捜索願を出していた。

 捜査本部によると、久松さんの遺体は空き家に隣接する物置小屋の中で、ポリタンクなどの荷物の奥に横たえられていた。粘着テープを使い、青いビニールシートで包まれた状態で発見された。

 遺体に目立った外傷はなく、死後かなりの日数が経過しているとみられ、捜査本部は6日に司法解剖を行い、死因の特定を進める方針。

 空き家には、40代の男女と子供3人の5人が住んでいたが、4月25日に転出した。このうち40代の男は4月12日、90万円をだまし取った詐欺容疑で県警に逮捕され、現在も拘留中。男の逮捕後、女性は子供と暮らしていたという。

 男女は夫婦だったが、現在は離婚。捜査本部は女性や久松さんの両親から詳しく事情を聴いている。

 現場はJR東海道線の御殿場駅から南に約1キロ離れた住宅街。

【関連記事】
空き家の物置からビニールシートに包まれた女性遺体 静岡・御殿場
いつもの散歩道「マネキンかと…」 大阪・ポリ袋に女性遺体
諸賀さんの時計「拾った」 福岡、質入れの男が供述
無職の娘むこ、義父の首を絞めて殺害 千葉
琵琶湖に身元不明の男性遺体 死後約2〜3週間か 滋賀
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)
鳩山首相、ヘリ部隊の一部は徳之島に 高嶺議長らとの会談で(産経新聞)
「首相辞めそうもない」=渡辺喜氏(時事通信)
宮崎の口蹄疫で殺処分の家畜、国が全額補償(読売新聞)

マンション代金、全額返還命じる=耐震偽装で販売会社に−札幌地裁(時事通信)

 2006年に発覚した札幌市の元建築士による耐震偽装問題で、強度不足のマンションを購入した11世帯14人が販売元の住友不動産に購入代金(616万〜4740万円)の返還などを求めた訴訟の判決が22日、札幌地裁であった。橋詰均裁判長は「強度不足が分かっていれば、購入しようと思わない」と述べ、代金の全額計約3億7000万円の支払いを命じた。同社は控訴する方針。
 原告側弁護士によると、耐震偽装問題で販売会社に全額返還を命じる判決は珍しいという。
 裁判で原告側は「耐震性能を備えていると説明を受け購入した」と契約無効を主張。同社側は「強度不足は補修で対応可能」と反論したが、判決は「補修が小規模で足りるとしても、マンションの欠陥が重大でないとは言い難い」と退けた。 

【関連ニュース
軽自動車27万4000台リコール=ダイハツ
消防用ホース41万本回収=強度不足が判明
空自次期輸送機が初飛行=機体不具合で大幅遅れ
病院の耐震化率56.2%=164カ所、倒壊の恐れ

18日も16便欠航=火山噴火の影響続く−日航・全日空(時事通信)
差額ベッド、急性期病院全病床の2割未満(医療介護CBニュース)
純金や銀のミニチュアかぶと展示販売(産経新聞)
関ジャニ渋谷さんが追突事故=けがなし、雪でスリップか−東京(時事通信)
化石 アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で(毎日新聞)

新規事業、届け出制に緩和=来年10月に施行−郵政改革法案骨子(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相と原口一博総務相は20日午前記者会見し、今国会へ提出予定の郵政改革法案の骨子を発表した。日本郵政グループの組織再編や郵便、金融に関する全国一律サービスの義務付け、新規金融事業の認可制から届け出制への緩和などが柱。関連法を含め2011年10月1日までに施行したい考えだ。
 亀井担当相は会見で「各界や連立3党から丁寧に意見を聞き、誠心誠意中身に組み込んだ。自信を持って法案を出す」と強調。今後、詰めの作業を急ぎ27日にも閣議決定し、今国会での成立を目指す。同法成立時には郵便貯金の預入限度額を2000万円(現行1000万円)、簡易生命保険の加入限度額を2500万円(同1300万円)にそれぞれ引き上げる方針だ。 

【関連ニュース
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

参院大阪2人目に岡部まり氏=民主(時事通信)
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷−東京(時事通信)
内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持−時事世論調査(時事通信)
夫婦別姓導入を提言=新計画へ中間整理−男女参画会議(時事通信)
1Q84 発売開始 ファン次々と(毎日新聞)

日本でカジノ合法化なら…3地域が有力候補に浮上(産経新聞)

 カジノが合法化されれば「どこに設立されるのか」が関心の的になる。民主党案は施行地域について「当面2カ所、最大10カ所とし、段階的に実施する」としており、議連内では当面の施行地域に東京都沖縄県、北海道が上がっている。

 最有力候補は東京都。海外からの旅行者の玄関口であるうえ、東京全体がもつ総合的なエンターテインメント性が理由だ。具体的な設立地域には広大な敷地があり、ホテル、ショッピングセンターなどがすでにそろっているお台場地区が候補にあがっている。

 次に有力とされるのは沖縄県だ。観光地としての魅力はもちろんだが、米軍基地が集中し、負担をかけていることから、カジノエンターテインメントの設立は「振興策の重要な柱になりうる」(議連幹部)からだ。北海道は広大な自然や温泉などが魅力ある観光資源で、候補地には洞爺湖周辺などがあがっている。

 当面の施行地域はこの3地域から選ばれそうだが、民主党案では「最大10カ所に段階的にする」となっている。カジノ誘致には大阪府の橋下徹知事ら多くの自治体の首長が意欲を示しており、地方公共団体の誘致合戦が激化しそうだ。

【関連記事】
超党派のカジノ議連が発足、カジノ合法化は観光立国の起爆剤
カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討
超党派のカジノ議連、14日に発足 秋の臨時国会にも法案提出へ
シンガポール初の合法カジノ アジアの富裕層呼び込む「切り札」
カジノに賭けるアジア経済
外国人地方参政権問題に一石

発見の3遺体は不明経営男性ら 長野県警確認 (産経新聞)
政治とカネも普天間も、首相「心配ご無用」(読売新聞)
東京消防庁消防士を逮捕=夜行バスで強制わいせつ−栃木県警(時事通信)
<名古屋・河村市長>持論展開「減税しないと天下り天国に」(毎日新聞)
ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。