So-net無料ブログ作成

新型インフル総括会議が提言 「おおむね目標達成」だが、反省点も指摘(産経新聞)

 新型インフルエンザ対策について検証していた国の総括会議は8日、「毒性などに応じた対策をあらかじめ複数用意すべき」などとする報告書をまとめた。報告書は厚生労働大臣に報告し、秋以降の再流行や今後の感染症対策に生かす。

 昨年の新型インフルでは、強毒性のウイルスを想定した行動計画しかなかったため、国はこの計画を弾力的に運用。自治体や医療機関が混乱する原因になっていた。

 報告書では諸外国に比べて致死率が低かったことなどから、「死亡率を少なくするという当初の目標はおおむね達成できた」と総括。その上で、(1)広報(2)水際対策(検疫の強化など)(3)休校措置(4)サーベイランス(病原体の監視)(5)医療体制(6)ワクチン−の各テーマごとに反省点や課題を指摘した。

 過剰だったとして批判の多かった水際対策については、「科学的根拠は明らかでない」と評価は行わず、「機動的に縮小が可能となる基準を策定すべき」とした。一方、感染拡大防止のために行った学校の休校措置については「効果はあったと考えられる」と評価した。

 そのほか、専任のスポークスマンの設置▽ワクチンの集団接種の検討▽都道府県ごとの医療体制の確立−なども提言された。

 同会議は今年3月に発足。計7回に渡り専門家やジャーナリストなど委員11人とテーマごとに選ばれた関係者計約40人が議論を行ってきた。

【関連:新型インフル】
「ワクチン行政」医師悲鳴 だぶつく8400万回分
新型インフル“パンデミック狂奏曲”は日本だけ?
消えぬ心のつめ跡 新型インフル国内初感染から1年
新型インフルから1年 “本物の危機”への対応は?
インフル死 推計200人 低水準「新型は弱毒」裏付け

財務副大臣に池田氏起用へ(産経新聞)
菅首相会見速報(7)菅内閣は「奇兵隊内閣」(産経新聞)
<ハンセン病>教訓を政策に…3省の合同検討チーム発足へ(毎日新聞)
「カントリーマアム」新作はキャラメルと八丁味噌の意外な組み合わせ!
玄葉光一郎政調会長会見詳報(4)(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。