So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

兵庫県警が無料サウナ招待を辞退(スポーツ報知)

 「110番の日」の今月10日に、警察署員のサウナ無料招待企画を立てていた神戸市の「神戸サウナ&スパ」に対し、兵庫県警が辞退を申し入れていたことが9日、分かった。

 同店は「寅年の方」「新成人」など、さまざまな無料招待を実施しており、10日は警察関係者が身分を証明すれば無料で利用できる日とした。しかし、県警側は「気持ちはありがたいが、110番で警察が動くのは当然なので」と8日に辞退を伝えた。同店の社領(しゃりょう)好文総括支配人(43)は「県警に直接は伝えていなかった。公的機関相手だけに、独自に企画したのは確認不足だった」とし、無料招待をやめた。



 【関連記事】
110番の日 兵庫県警 公的機関 を調べる

空から降ってきた少年
今日の出来事
無料携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化

<自民>山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める(毎日新聞)

 自民党は8日、参院選比例代表での立候補を希望している山崎拓前副総裁(73)と保岡興治元法相(70)を公認しない方針を固めた。衆院選で落選した前議員を「70歳定年制」の例外として処遇することへの党内の反発に配慮した。執行部が近く山崎氏らに伝える。

 山崎氏は6日に谷垣禎一総裁と党本部で会談した際、「18日までに結論が出ない場合には自分の道を行く。派閥は野田毅事務総長に任せる」と述べ、公認されなければ自民党山崎派の会長を退き、離党も辞さない考えを示している。

 山崎氏は国民新党の亀井静香代表と近く、自見庄三郎幹事長は自民党時代に山崎派に所属していた。このため山崎氏が国民新党から立候補するとの見方も出ている。同党幹部は「貴重な人だ。年齢で切り捨てるのはよくない」と移籍の可能性を否定しない。

 自民党内には、閣僚や幹事長を歴任した山崎氏の党への貢献や、参院選比例代表の候補者発掘が進んでいないことなどを理由に公認すべきだとの意見もある。しかし、党幹部は「(地元の)福岡県連関係者に調査したところ、山崎氏に厳しい結果が出た」と明かす。

 執行部は「くら替え問題」に区切りをつけた形だが、「谷垣さんは即座に否定すべきだった。公認するかもしれないと思われること自体が党のイメージダウンだ」(中堅議員)との不満もくすぶっている。【田所柳子】

【関連ニュース】
参院選:山崎氏、参院選出馬の意思固く 自民執行部に苦悩
選挙:参院選 山崎拓氏らベテラン「出たい」 自民執行部、対応に苦慮
選挙:参院選 「ベテラン落選組」執念 出馬へ山崎拓・保岡氏が直談判
参院選:山崎拓氏が出馬に意欲/比例代表、自民公認は不透明
選挙:参院選 山崎拓氏、出馬に意欲 比例代表、自民公認は不透明

たかしのブログ
My First JUGEM!
現金化
アフィリエイト ホームページ
カードでお金

森繁さん震災詩 書の作品に 教え子亡くした神戸の書家(毎日新聞)

 我を育てし兵庫の里よ、友よ−−。俳優の故・森繁久弥さんが阪神大震災(95年1月)直後、地元紙に寄せた詩を題材に、神戸市須磨区の書家、小阪美鈴さんが作品を制作した。小阪さんは震災で教え子を亡くしたが、森繁さんの詩に何度も励まされたという。

 9日には、森繁さんの次男建(たつる)さん(67)が神戸を訪れて作品を鑑賞、「震災に心を痛めた父の気持ちを見事に表現してくれた」と語った。

 震災では、書道教室で教えていた小学2年女児が倒壊家屋の下敷きになり亡くなった。上達すると屈託のない笑顔で喜ぶ子どもだった。命のはかなさを思い、ふさぎ込んだ。

 数日後、少年時代を兵庫県西宮市で過ごした森繁さんの詩が、神戸新聞に掲載された。

 「我を育てし兵庫の里よ、友よ/(中略)紅梅のこの赤の そら怖(おそ)ろしげな/腕さすり 頬(ほお)つねる 昨日今日/兄等の無事を どう祈るや その術(すべ)もなき/雲流る 六甲よ」

 「深い悲しみと慈愛に満ちたメッセージだ」と受け止めた。何度も読み返し、立ち直るきっかけとなった。

 何度か作品にしようと考えたが「まだ未熟」と思いとどまった。昨年11月、森繁さんの訃報(ふほう)に接し、制作を決意。建さんからも「父も光栄だと思う」と快諾を受けた。無心で筆を握り、約100枚書き直し、全紙(縦約1.4メートル、横70センチ)など5枚を使って完成させた。作品を見た建さんは「素晴らしい。天国にいる父も間違いなく喜んでいる」と語った。

 建さんによると、森繁さんは震災当時、新聞やテレビを食い入るように見て、被災地の友人のことを心配していたという。小阪さんは「被災者は今も心の傷が癒えないが、たくましく生きている。震災を風化させないため、書家として表現し続けたい」と話した。

 作品は神戸市中央区西町の三菱UFJ信託銀行神戸ビルショーウインドーで、2月8日まで展示する。【重石岳史】

【関連ニュース】
阪神大震災:巨大モザイク画 防災の願い込め
震災予防協会:3月で活動休止 設立から69年、役割終え
防災:若者から思い募集…兵庫のNPO 震災15年迎え
阪神大震災:288のモニュメントを地図に CDで紹介
家賃保証サービス:外国人向けに実施 NPOが団体設立

ひさのりのブログ
p7ekbdinのブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理無料相談
ライブチャット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。